菖蒲池

菖蒲池 忍野八海

菖蒲池は、国指定天然記念物「忍野八海」の八つの池のうちの一つ。八海めぐりの第八霊場。面積約281平方メートル。年平均水温12度。かつては現在よりも周囲に菖蒲が生い茂っており、周囲にはその香気が漂っていたという。集落で疫病がはやった際には、その菖蒲を体に巻く風習もあったとか。毎年旧正月14日には、筒粥とよばれる神事が執り行われ、その年の豊作を祈願したという。優鉢羅竜王(うはつらりゅうおう)を祀り、石碑には「あやめ草 名におふ池は くもりなき さつきの鏡 みるここちなり」と刻まれている。

Japan web magazine’s recommend

+-で地図を拡大縮小

Share