日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線

シリーズ 「日本の路面電車」

日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線

富山市電

地元の人々には「市電」「富山市電」と呼ばれ親しまれる富山地方鉄道富山市内軌道線は、南富山駅前と富山駅前、富山大学前を結ぶ総延長7.3㎞、駅数23の路面電車。市民の日常の足として、ビジネスや観光で訪れた県内外の人々の交通手段として活躍している。

日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線の魅力をフルスクリーンで見る

日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線

路線としては富山市内軌道線という一つの呼び名で呼ばれているが、正確には本線(富山駅前駅 – 南富山駅前駅3.6km)、支線(富山駅前駅 – 丸の内駅1.0km)、安野屋線(丸の内駅 – 安野屋駅0.6km)、呉羽線(安野屋駅 – 大学前駅1.2km)、富山都心線(丸の内駅 – 西町駅0.9km)の5本の路線に分かれており、「南富山 – 富山駅前」「南富山 – 富山駅前 – 大学前」「富山駅前 → 丸の内 → 大手モール → 荒町 → 富山駅前(反時計
回り一方向のみの環状線)」の三系統で運行されている。

日中は10分から20分間隔、系統が重複する南富山駅前と富山駅前間は多いときには5分間隔で運行していてとても便利。

日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線

南富山車両基地

7000形12両、8000形5両、9000形3両、T100形2両を格納する南富山車両基地。7000形と9000形(セントラム)が居並ぶ。

日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線
日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線

雪の中を疾走する9000形(セントラム)

日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線

7000形 (7019)

日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線
日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線

8000形 (8001)

日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線

「西町停留場」付近で信号待ちをする7000形 (7023)

  
   

日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線
日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線
日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線
日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線
日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線
日本の路面電車 富山地方鉄道富山市内軌道線

富山軌道線の乗り方

料金

富山軌道線の料金は、大人普通料金200円、小人普通料金100円の全区間均一料金。降車時に運賃箱に料金を支払うシステムだ。車内で両替も出来るが、なるべくなら小銭を用意しておこう。

市内電車・バス1日ふりーきっぷ

大人600円、小人300円で、市内電車とバス(富山駅前から270円区間)が1日乗り放題となる「市内電車・バス1日ふりーきっぷ」もあり、一日自由に乗り降り出来て大変便利。富山地鉄乗車券センター、富山地鉄西町乗車券センター、電鉄富山駅、稲荷町駅、南富山駅、富山駅前地鉄バス案内所、富山自動車営業所、および市内電車内で販売されている。

Japan web magazine’s recommend

Share