とうふちくわ

とうふちくわ

江戸時代、鳥取藩主であった池田候が民に質素倹約を命じ豆腐を奨励したことがその誕生のきっかけといわれる「とうふちくわ」は、主に鳥取県の東部地域で食べられている郷土の味。文字通り、豆腐と魚のすり身を原料に、丁寧に蒸し上げて作られる。通常のちくわとは違う歯ごたえと、大豆の風味もしっかり感じられるその味わいは独特のものだ。原料の割合はメーカーによっても異なるが、おおよそ豆腐7に対し魚のすり身が3の割合で、低カロリー、高タンパクでとてもヘルシーな一品なのだ。そのまま、わさびじょうゆで食べるのは勿論、煮ても、焼いても美味。このとうふちくわの様々なレシピを集めた、「豆腐百珍」ならぬ「とうふちくわ新百珍」なるものもある。

Share