いぎす

いぎす

主に鳥取県の中部地方で食されている「いぎす」は、春にかけて繁殖するいぎす草と呼ばれる海藻を天日で乾燥させた後、戻して弱火で煮溶かし、型に入れて固めたもの。原材料は「いぎす草」のみ、という実にシンプルでヘルシーな食べ物だ。辛し醤油や生姜醤油、酢醤油などで頂く。口に入れると広がる濃厚な海の香りと淡白ながらも滋味溢れる味、ぷるんとした食感が印象的。家庭で作られるほか、スーパーや道の駅でも売られているが、地元では精進料理や冠婚葬祭の料理に出ることも多く、「いぎす」と聞くと正月や法事などを連想する、という人も少なくない。ほぼ同様のものが、「いぎりす」の名で長崎県島原地方や熊本県天草地方で、「いぎす豆腐」の名で愛媛県今治市を中心とした瀬戸内海地方で、郷土料理として食べられている。

Share