湯島天神

湯島天神

学問の神様

東京都文京区湯島にある湯島天神は学問の神様「菅原道真公」を祀る神社。正式名称は湯島天満宮だが、一般には湯島天神として親しまれる。創建は458年(雄略天皇2年)。伝承によれば、1355年に湯島の郷民が夢を見て、菅原道真公を祭神として老松の元に勧請、それ以来「湯島天満宮」と呼ばれるようになったという。その123年後の1478年(文明10年)には、太田道灌により社殿が修築されている。江戸期には徳川家康をはじめ、歴代の将軍が庇護、隆盛を極める。また、学問の神「文神」として、林道春、新井白石ら多くの学者や文人の崇敬を受けた。現在は、主に合格祈願をする学生が多く訪れる。特に受験シーズンは沢山の学生で賑わう場所だ。また、湯島天神は梅の名所としても知られ、境内にある300本余りの梅が満開になる2~3月には梅まつりが開催される。例大祭は毎年5月25日。

湯島天神の魅力をフルスクリーンで見る

湯島天神
湯島天神
湯島天神
湯島天神
湯島天神
湯島天神

   

湯島天神湯島天神
湯島天神

奇縁氷人石

1850年(嘉永3年)、江戸で初めて建てられたもので、迷子の伝言板のようなもの。右側面に「たづぬるかた」左側面に「をしふるかた」とあり、尋ね人の特徴などを書いた紙を貼ったという。

湯島天神
湯島天神湯島天神
湯島天神湯島天神
湯島天神
湯島天神
湯島天神
湯島天神
湯島天神

1667年(寛文7年)建造の表鳥居。東京都指定の有形文化財。

湯島天神
湯島天神
湯島天神

Japan web magazine’s recommend

湯島天神

+-で地図を拡大縮小

Share