森鴎外記念館

森鴎外記念館

森鴎外旧居跡地に建つ記念館

東京都文京区の団子坂上に、かつて文豪・森鴎外の住んでいた場所がある。当時は二階から東京湾が見えたので「観潮楼」と呼ばれたその家に、鴎外は1892年(明治25)年から、亡くなる1922年(大正11年)まで住んでいた。観潮楼では度々歌会も催され、佐佐木信綱、与謝野鉄幹、伊藤左千夫、石川啄木などの面々が集ったという。建物は、鴎外亡き後もしばらく存在したが、1937年(昭和12年)の火事と、1945年(昭和20年)の戦災により胸像、銀杏の木、門の敷石、三人冗語の石以外はすべて焼失、戦後、跡地は児童公園になった。

鴎外生誕100年の1962年(昭和37年)、鴎外記念室を併設した文京区立鴎外記念本郷図書館が開館、さらに2006年(平成18年)の図書館移転(現・本郷図書館)を経て、森鴎外生誕150年を記念し、2012年(平成24年)11月1日に開館したのが鴎外記念館だ。

森鴎外記念館

記念館建物外観。しっとりと落ち着いた印象的な外壁は、若き日の鴎外が学んだドイツの古い町並を彷彿とさせると共に現代的な風合いも持たせる、というモチーフでデザインされたもので、レンガを張ってから削ったものという。

貴重な資料の活用・保全を最優先に、湿度や温度が管理しやすく、災害時などに延焼や水損を防ぎやすい地下に展示室と収蔵庫が設けられている。建物のほとんどが一つ一つ職人の手作業で作られたといい、丁寧な仕事の跡が随所に垣間見える。

森鴎外記念館

館内には、小説家のみならず、戯曲家、評論家、翻訳家、陸軍軍医と、いくつもの顔をもつ多才な鴎外の残した手紙や原稿など、貴重な資料が保管・展示されている。資料等は定期的に入れ替えが行われるほか、大画面での映像が楽しめる映像コーナーや、鴎外関連の調査・研究の為の図書室などもある。

「手紙で語る鴎外の交流」「鴎外の見た風景~東京方眼図を歩く~」や「鴎外と画家 原田直次郎 ~文学と美術の交響(シンフォニック)~」等、年2回の特別展・企画展も開催している。

森鴎外記念館

カフェ

記念館一階には、お茶やお菓子を頂きながら庭園の見える空間でゆっくりくつろぐことの出来るカフェが併設されている。庭園越しにスカイツリーも見える。

ミュージアム・ショップ

絵葉書(3種)・クリアファイル(2種)・一筆箋(2種)などの記念館オリジナルグッズや文京区オリジナルの商品を扱うミュージアム・ショップ。鴎外関連の書籍や記念館発行の図録も扱っている。

Japan web magazine’s recommend

森鴎外記念館

+-で地図を拡大縮小

Share