経王寺

経王寺

上野戦争ゆかりの寺

谷中銀座の階段を上った少し先の左手側(日暮里駅から向かう場合は進行方向右手側)にある経王寺は、かつての新堀村(現在の日暮里)の名主・冠勝平が寺地を寄進し、1655年(明暦元年)に創建された寺院。門前の枝垂桜と庭の美しさで知られる寺だ。

1868年(慶応4年)の上野戦争の際、逃走した彰義隊の一部がこの経王寺に隠れたために、新政府軍に包囲された。山門には新政府軍が発砲した銃弾の痕が残っている。

Memo

本堂の隣に建つ大黒堂には日蓮上人の作と伝えられる大黒天が鎮守として祀られており、近隣の人々に親しまれている。

Japan web magazine’s recommend

経王寺

+-で地図を拡大縮小

Share