観音寺

観音寺

赤穂浪士ゆかりの寺

台東区谷中5丁目にある観音寺(かんのんじ)は、1611年(慶長16年)創建の新義真言宗豊山派の寺院。1716年(享保元年)に改名されるまで長福寺と称していた。赤穂浪士・近松勘六行重とその異母弟・奥田貞右衛門行高の兄弟・文良(後の第六世朝山大和尚)がこの寺で修行をしており、討ち入りの為の密談が度々この寺院で行われたという、赤穂浪士ゆかりの寺院として知られる。1992年(平成4年)に台東区の「まちかど賞」を受賞した、瓦を塗りこんだ築地塀も有名。ご本尊は大日如来・阿弥陀如来。

観音寺

築地塀

江戸末期に作られた長さ37.60m、高さ2.06mの築地塀。瓦と土を交互に塗りこんで作られており、往時の雰囲気を今に伝えている。「観音寺築地塀 (かんのんじついじべい) 」として国の登録有形文化財(建造物)に指定されている。

Japan web magazine’s recommend

観音寺

+-で地図を拡大縮小

Share