生ゆば

生ゆば

大豆の旨みとコク

1200年以上もの長い歴史を持つ日光の精進料理。その長い年月の中で磨かれてきたものの一つが湯波(ゆば)だ。ご存知のように「ゆば」は豆乳に火を入れた際に、表面に出来る薄い膜を引き上げたもの。それを乾燥させずにそのまま頂くのが「生ゆば」だ。「ゆば」といえば、京都の「湯葉」が有名だが、京都の湯葉は薄いままなのに対して、日光の「湯波」は引き上げた膜を幾重にも巻くのが特徴。「湯波」と「湯葉」、漢字表記も少し違う。とろりとろける生湯波は大豆の旨みとコクが生きている。驚くほどに「自然の豆の甘み」が感じられるのだ。

Share