月寒あんぱん

月寒あんぱん

札幌名物

北海道十勝産小豆のこしあんを薄皮で包んだ月寒あんぱんは、100年に渡って愛される札幌生まれのお菓子。パン屋やスーパーで見かける一般的なあんぱんとは違い、ややしっとりと固めの餡と生地で、飽きのこない美味しさ。卵が多めに使われており、水分が少なめで、賞味期限が製造から1ヶ月と日持ちがするのも特徴的。明治44年に整備された国道36号(月寒通)と国道453号(平岸通)を結ぶ道路、通称・アンパン道路建設の際には、工事に従事した連隊の兵士に、間食として一日に一人5個、この月寒あんぱんが配られたという逸話が残る。

月寒あんぱん
月寒あんぱん
Share