柿田川湧水

柿田川湧水

富士山の雪解け水の息遣い感じる「東洋一の湧水」

透き通った川の底から力強く砂を巻き上げて、まるで呼吸をしているかのように次々に水が湧いてくる。そのわき間(水の湧き出している場所)に、湧水の息遣いを聞いた気分になった。

柿田川湧水の魅力をフルスクリーンで見る

柿田川湧水

およそ900平方キロメートル(大阪府の約半分の面積)もの表面積を持つ富士山に降る雨や雪は年間約25億トンにも及ぶという。これらは玄武岩溶岩と火山砂礫で出来ている富士山の地中に浸み込み、地下水(伏流水)となって流れ、やがて湧き水として地表に現れてくる。白糸の滝や、羽衣の湧水、忍野八海、桂川、芝川、湧玉池、上小泉八幡宮の湧水、出水不動尊の湧水、楽寿園の小浜池など富士山周辺には富士の水が湧き出る場所が沢山あるのだが、中でも最大の湧出量を誇るのがここ柿田川湧水群。1日に湧き出す水は、70万トンとも100万トン(25mプール約2000杯分)ともいわれ、その規模は東洋一。数ヶ月から数十年の時をかけて、浸み込み集まり流れてきた水が日々こんこんと湧き出している。四万十川、長良川と並ぶ日本三大清流にも数えられる柿田川はそんな富士の湧水のみで出来上がった川なのだ。

湧水のメカニズム

富士山に降った雨や雪は時間をかけてゆっくりと地中に浸み込んでいく。地中に浸み込んだ水は伏流水となって不透水層(水を通さない層)である粘土や溶岩層の上を通って少しずつ流下していく。数ヶ月から数十年をかけて滝や池、湧き水、川となって地表に姿を現すほか、井戸などで汲み上げられて鱒の養殖や工業用水、農業用水などに使われている。

湧水のメカニズム(イメージ図)

湧水のメカニズム(イメージ図)

陣馬の滝忍野八海白糸の滝湧玉池

富士山の湧水。左上から時計回りに、陣馬の滝(静岡県富士宮市)、忍野八海(山梨県忍野村)、湧玉池(静岡県富士宮市)、白糸の滝(静岡県富士宮市)。

柿田川の風景

柿田川湧水

柿田川湧水は三島溶岩流の間を通って地表に湧出する。時間をかけて砂礫の中を通り抜けてきた水は、いわば何重もの天然のフィルターをくぐりぬけて来たようなもの。どこまでも澄み切って、透明だ。

柿田川湧水

年間を通して15℃前後の一定した水温とそのまま飲むことの出来る水質で、柿田川湧水は三島や沼津エリアの市民の飲料水としても利用されている。環境庁の「名水百選」(1985年)、森林文化協会「21世紀に残したい日本の自然百選」(1983年)に認定されているほか、「地質鉱物」枠で国の天然記念物に、また日本の秘境100選にも選ばれている。

柿田川湧水

水の湧き出す上流部が柿田川公園として整備され、遊歩道の上から水の湧き上がる様子を見られるようになっている。マンホールのように丸く囲われてある場所(工場の井戸の跡地)のほか、大小様々、川のそこかしこから灰黒色の砂地を巻き上げ、勢い良く水が湧き上がっているのを見ることが出来る。かつてこの柿田川流域には、豊富な水を求めて工場が進出。垂れ流された排水で川の水が汚れ、一時は魚も住めないような状態になったが、地元有志の活動で次第に水質は復活。カワセミやヤマセミ、アオハダトンボ、ゲンジボタルなども棲息する場所に蘇った。現在、この美しさを保つための活動をしているのが、地元住民で組織されている「柿田川湧水保全の会」や、「柿田川みどりのトラスト」「柿田川・東富士の湧水を守る連絡会」などだ。六月にはホタル鑑賞会、八月の第一週には湧水まつりも行われる。

柿田川湧水
柿田川湧水
柿田川湧水

   

柿田川公園内にある貴船神社柿田川湧水
岩の隙間から蛇が顔を出した。
柿田川湧水
柿田川湧水
柿田川湧水

俄かには信じがたいが、柿田川湧水群(柿田川公園)は、東西をつなぐ大動脈である東海道、国道1号線沿いにある。大型トラックの行きかう国道から公園内に一歩足を踏み入れれば、そこは別世界。幹線道路がすぐ近くを通っている事が信じられないほどの溢れんばかりの自然に囲まれており、全長1.2キロメートルほどの柿田川の流域には貴重な生態系が形成されている。ケヤキ、エノキ、ヤブツバキ、ヤブニッケイ、シイ等の温帯性広葉樹が鬱蒼と生い茂り、トンボや蝶が舞い飛ぶ。

柿田川湧水

朝もやがたちこめる水面は、仙人が出てきそうなほどに幻想的で、そのあえかな白さが透明度の高い水流と木々の緑をさらに美しく照らし出す。

ゆらゆらと水流の中で揺れなびく緑は貴重なミシマバイカモを始めとした水草たち。透明な水の中にその形がはっきり見える。緑の季節には虫たちも多く涼みにやってくる。ミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ、アユカケ、アマゴなども棲息する。

柿田川湧水

柿田川公園の入り口付近にある第一展望台から見た風景。水が川底から湧き出しているのがはっきりとわかる。

柿田川湧水

第一展望台より少し南に歩くと、第二展望台がある。階段を下りていくとたどり着くその展望台から下を覗きこめるようになっている。深さ数メートルはあろうか。その美しさ。その透明度。思わず目を見張り、じっと佇む。そのあまりの純度に身体が吸い込まれそうになるほどだ。水底から滾々と湧き出る水。ここだけ違う湧水ではないかと思うほどの碧い色が神秘的だ。このわき間の主のような魚がゆうゆうと泳いでいる。

柿田川湧水

Japan web magazine’s recommend

柿田川湧水

+-で地図を拡大縮小

Share