出雲日御碕燈台

出雲日御碕灯台

高さ日本一の白亜の灯台

日御碕の突端から沖合を行く船の安全を見守る出雲日御碕灯台は、1900年(明治33)に着工、1903年(明治36)4月1日に初点灯した灯台で、地上高は43.65m、海面から灯火までの高さは63.30mと日本一の高さを誇る石造の灯台。灯台内部は一般公開(有料大人中学生以上200円、小人無料)されていて、螺旋階段で上まで上がることができる。163段の急な勾配の階段を上がり切ると、そこからは日本海が一望の下に。晴れている日には、隠岐諸島まで見渡せる。世界灯台100選や日本の灯台50選に選出されている。

出雲日御碕灯台の魅力をフルスクリーンで見る

出雲日御碕灯台
出雲日御碕灯台
出雲日御碕灯台
出雲日御碕燈台

夜の出雲日御碕灯台

日御碕

灯台の立つ日御碕(ひのみさき)は荒々しい景観の印象的な岬で、隆起した地面が波風に浸食されて出来上がった隆起海食台地とよばれるもの。日本海の荒波に洗われた断崖の、力強く複雑な模様と形状は、自然の力の大きさを肌で感じることができるものだ。

日御碕

日御碕の詳細ページへ

日御碕日御碕日御碕
出雲日御碕燈台

Japan web magazine’s recommend

出雲日御碕燈台

+-で地図を拡大縮小

Share