伊吹島 いりこ

伊吹島 いりこ

日本一の誉れ高いイリコ

瀬戸内海の燧灘(ひうちなだ)のほぼ中央に浮かぶ伊吹島は、ハート型をした小さな島。カタクチイワシの水揚げ量が多く、このカタクチイワシを使ったいりこ(イリコ・煮干)の生産が盛んな「イリコの島」として知られている。それも普通のイリコではない。品質、味ともに日本一のイリコともいわれる、最高級、最上級のイリコなのだ。

それには勿論大きな理由がある。それはスピードだ。漁場と加工場が大変に近く、採れたイワシは氷を満たした高速運搬船で迅速に運ばれ、さらに水揚げされた後はフィッシュポンプでそのまま海岸沿いに立つ加工場に直送される。この間、わずか10分~30分。鮮度が命と言われるいりこ作りにおいて、この迅速さこそが品質に直結する。出来上がったイリコは臭みやえぐみがなく、豊かな香りで旨みの深い上質なダシが取れる。イリコをそのままで食べてもとても美味。噛むごとに、じんわりと染み出してくる芳醇な海の香りと旨み。見た目も美しい。銀色にピカピカと光るすらっと伸びやかな姿態は、新鮮なうちに加工されたというなによりの証拠なのだ。

伊吹島 いりこ

伊吹いりこ

原材料はカタクチイワシと塩のみ。

伊吹島 いりこ

イリコ酒

いりこ酒

上質な出汁がとれる伊吹いりこのちょっと素敵な楽しみ方がこのイリコ酒だ。イリコを炙って熱燗に入れることによって、フグのヒレ酒やイワナの骨酒に勝るとも劣らない風味豊かな極上の酒が出来上がるのだ。勿論、煮干ならなんでもいいというわけではない。臭みやえぐみ等の雑味のない「伊吹いりこ」だからこそ出来る芸当だ。
作り方は簡単。頭と内蔵を取り除き、オーブンレンジなどで炙るだけ。少々焦げ目がついたほうが、香りがたって美味しい。後は、少々熱めに燗をつけた日本酒に入れるだけだ。いとも手軽にヒレ酒のような風味が楽しめる素敵なイリコ酒の出来上がりだ。

伊吹いりこ関連商品



Japan web magazine’s recommend

伊吹島

+-で地図を拡大縮小

Share