霊峰「不二」

富士山

インドネシアでは、神に近づくために、凧(たこ)をあげるという。

古来より、人間にとって、空は神の住む場所であり、憧れの地であった。「神」にどうにかして近づきたい、と願う人間は、少しでも高みを目指して、山に登り、空を拝み、天を仰いだ。永遠のテーマともいえる「空(神)に近づく」という希求、願望を、山に登ることによって少しでも果たそうとしてきたのだ。

また、その雄大さ、力強さ、存在感から山はそれ自身が敬われる存在であった。数多くの生物が生息し、樹木が生い茂り、様々な生命を内包した山は、それ自体が命の象徴であり、崇高な存在であったのだ。それらはいつしか、山を信仰する「山岳信仰」を生み、また色々な宗教と結びつき、象徴としての「霊山」「霊峰」となった。アルナーチャラ山、アララト山、エルジェス山などを始めとして、世界各地にそのような「霊山」「霊峰」としての位置づけをされた山というのが数多くある。

そして、ご存知のように、日本にも霊山・霊峰と呼ばれる山は実に沢山ある。白山、立山、石鎚山、大峰山、釈迦ヶ岳、大山、月山、御嶽山、岩木山、弥山、八海山などなど。それらの山は、地元の人々を始めとする多くの人たちに敬われ、親しまれ、愛され、そして守られてきたのだ。そんな日本の霊山・霊峰の中でも、おそらく最も多くの人々に親しまれ、愛され、慕われ、敬われ、そして登られて来たのが、日本一の山「富士山」なのだ。

富士山

富士山基本データ | 霊峰「不二」 | 富士山の歴史 | 富士山登山準備 | 持ち物 | 富士山登山ルート | 富士山・山小屋情報 | 麓から | 周辺地域から | 山から | 東京から見る富士山 | 富士山新五合目 | 登山・下山の途中で | 頂上から | 富士山周辺情報(見る) | 富士山周辺情報(遊ぶ) | 富士山周辺情報(食べる) | 富士山周辺情報(泊まる) | 富士山周辺情報(温泉) | 日本各地のご当地富士 | 関東の富士見百景 | 富士登山記

Share