やたら

長野の郷土料理・やたら

夏を乗り切る伝統おかず

北信(長野県北部)の一部地域(飯綱町)を中心に食べられているのがこの「やたら」。「やたらとなんでもいれるから」「やたらに刻むから」「やたらに美味しいから」等の理由で、この名がついたとか。別名・「野菜のふりかけ」ともいわれる、野菜たっぷりの郷土料理だ。料理といっても、きゅうりやなすなどの夏野菜と味噌漬けなどの漬物、青唐辛子、しそ、みょうが、ショウガなどを細かく刻んで醤油で味付けしてあえるだけ。これが「やたら」と旨いのだ。夏野菜のフレッシュな味わいと香味野菜の爽やかさが入り混じって食欲増進。暑い夏でもご飯が進む。

ご飯のおかずのほか、お茶漬けとして、そうめんや納豆の薬味として。もちろん、そのままで、お酒のあてにぴったり。家庭の料理なので、使う野菜や味付けなど、色々なパターンがある。こだわりの家庭では、醤油もいれず、味付けは味噌漬けの塩分のみ。それに伝統野菜のぼたんこしょう(丸っこいピーマンのような形をした青唐辛子)を入れるという。

やたらのせ素麺

飲めるくらいの濃さに味付けした麺つゆを冷やし、素麺にかけて「やたら」を乗せる。美味!

やたら冷奴

いつもの冷奴に「やたら」をトッピングするだけで、一味違った冷奴に。

Share