レタス巻き

レタス巻き

今風寿司の元祖

レタス巻きはご飯にレタス、茹でた海老などを入れてマヨネーズで味付けし海苔で巻いた宮崎発祥の巻き寿司。宮崎市内の寿司屋「一平」の初代店主が、野菜嫌いであった友人の歌手・平尾昌晃のために考案したのがその始まり。寿司にマヨネーズという斬新なアイデアは、当初は驚かれたものの、次第に少しずつ人々に受け入れられ、今やスーパー、コンビニエンスストア、惣菜店、道の駅などでも売られる人気の品に。現在、日本各地のスーパーの惣菜コーナーや回転寿司店などで普通に見られる今風の寿司、たとえばカニマヨやシーチキンなどを巻いたサラダ巻き等は、このレタス巻き以降に次々と誕生したとも言われているのだ。

Share