チキン南蛮

チキン南蛮

宮崎のソウルフード

「チキン南蛮」は、揚げた鶏肉を南蛮酢に漬け、タルタルソースをかけたもの。宮崎県延岡市発祥の家庭料理・ご当地グルメだ。「鶏南蛮」とも呼ばれるこの料理は延岡市内の飲食店で賄い料理をヒントに考えられ、1964年(昭和39年)頃に提供されたのがその始まりといわれている。その頃のチキン南蛮は、現在のチキン南蛮に欠かせない「タルタルソース」はなく、揚げた鶏肉を甘酢に漬けただけのものだった。1970年頃には現在のようなタルタルソースのかかったチキン南蛮が人気を博すようになったという。

初めは延岡市内と周辺の人々のみに知られていたこのチキン南蛮。提供店の店舗数や地域の拡大、新規出店する店の増加などによって、その知名度、ファン数は増え、今やその存在は全国区。宮崎県外でも、給食や家庭料理、近所の店のメニューとして、普通に見かけることもあるポピュラーな一品となった。とはいえ、さすがは本場宮崎。チキン南蛮発祥の地・延岡はもちろん、県内全域に数多くのチキン南蛮の専門店があり、地域の人々は勿論、外から訪れた人の舌を唸らせている。ジューシーに揚がった鶏肉に、甘酸っぱいタレとタルタルソースが絶妙に絡むその味は、舌と記憶に刻み込まれる圧倒的なものなのだ。

Share