定義如来

定義如来

定義如来・西方寺

地元の人々には「定義如来」(じょうげにょらい)または「定義さん」として親しまれる浄土宗の寺院。開祖は平重盛の重臣・肥後守平貞能(さだよし)と伝えられ、壇ノ浦の戦いに敗れた後、この地まで落ち延びてきたという平家落人伝説が残る。貞能は名を改めて、定義とし、安徳天皇と平氏一門の冥福を祈って阿弥陀如来を安置したとされている。これが定義山の名の由来であり、阿弥陀如来も後に定義如来と呼ばれるようになった。

この定義如来は、中国伝来の秘仏で一生一度の大願を叶えるといわれ、訪れる人は後を絶たない。また、境内には安徳天皇の冥福を祈って遺品を埋めて墓標に2本のケヤキを植えたところ、やがて一本の木となった、と伝えられる天皇塚(連理の欅)と呼ばれる欅があり、「縁結びの神木」として信仰を集めている。子宝、安産の祈願寺ともされ、各地から参拝者が訪れる寺院だ。

定義如来
定義如来写真提供:宮城県観光課

1986年(昭和61年)10月6日に落慶した五重塔は宮城県内初の五重塔で、青森ヒバのみを用いて建立された。

Japan web magazine’s recommend

定義如来

+-で地図を拡大縮小

Share