がんづき

がんづき

がんづきは宮城県や岩手県で主に食べられている郷土のお菓子。小麦粉、卵、牛乳に、重曹、酢、味噌、醤油、黒砂糖などを入れて蒸し上げて作る、蒸しパンやスポンジケーキのような見た目のタイプ(黒がんづき)と、写真のような白いタイプ(白がんづき・白がん)がある。こちらは、黒砂糖のかわりに、白砂糖を使い、重曹をいれずに作るため、ややねっとりとした「ういろう」のような感じとなる。ちなみに、黒砂糖を用い、重曹を入れずに作るねっとりとしながらも黒い見た目のがんづきもある。

Share