はんぺい

はんぺい

伊勢はんぺい

伊勢はんぺい(伊勢はんぺん)は、山芋(伊勢芋)の入ったすり身のふわふわプニプニとした食感と、多少いびつながらも一つ一つ手作りであることが伝わってくる形、そして美しい白さが特徴のはんぺん。古くから伊勢に伝わる味だ。石臼を使い、上質の白身魚、ぐち、イトヨリ、エソなどを原料に、職人が昔ながらの勘と技を駆使して丁寧に作り上げる。

伊勢はんぺいの頂き方

おでんや茶碗蒸し、サラダの具としても勿論美味しいが、そのまま醤油を少しつけて頂くのが伊勢はんぺいのシンプルながらもその極上の味わいがわかる食べ方。歯ごたえがありながらも箸で切れるほどの柔らかさを持つその食感、天日塩を使った雑味のない魚のうまさがストレートに伝わってくる。少し変わった食べ方としてはバター焼きなんかもいい。魚の旨みがバターで引き立ち、ビールにとても合うおつまみとなる。

Share