神田祭

神田祭

江戸総鎮守・神田明神の祭礼

日枝神社の祭礼「山王祭(さんのうまつり)」と共に天下祭の一つとされ、富岡八幡宮の祭礼「深川祭(ふかがわまつり)」とあわせて江戸三大祭の一つに数えられるのが、5月中旬に神田明神(神田神社)で行われる「神田祭」だ。江戸時代から続く祭りで、京都の祇園祭(八坂神社)、大阪の天神祭(大阪天満宮)と並び、日本三大祭りのひとつともされている。

神田祭の魅力をフルスクリーンで見る

神田祭大祭の開催は2年に1度。5月15日に近い土曜日に「神幸祭」、翌日曜日に神輿宮入が行われる。神幸祭では、朝8時頃に神田明神を出発、神田、日本橋、大手町、秋葉原を巡行し、夜にまた神社に戻ってくる。神輿宮入では、およそ100基に上る各町の神輿が町内を巡行、宮入参拝する。

神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭

  
   

神田祭神田祭
神田祭
神田祭神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭

Japan web magazine’s recommend

神田明神

+-で地図を拡大縮小

Share