JAPAN WEB MAGAZINE

Look beyond the cliche, reach for the real Japan

コノシロの姿寿司

「コノシロの姿寿司」

コノシロはニシン目の出世魚。寿司屋で見かけるコハダや新子はこのコノシロの小さい頃の呼び名だ。新潟以南から東・南シナ海北部の湾、汽水域に多く棲息し、熊本近辺でも特に八代海や天草などで沢山獲れる。漢字で「魚」に「冬」と書くように冬が旬のこのコノシロは昔から熊本では良く食べられてきた魚で、刺身やつみれのほか、南蛮漬け、みりん干し、そしてぶえん寿司と呼ばれる酢でしめ、切り身にして具材と共に酢飯と混ぜる食べ方もある。さらに、正月に良く食べられるのがこの姿寿司。コノシロを開き、塩に漬けてから酢でしめ、ご飯を詰めて作る。特に八代や天草地方などでは、このコノシロ姿寿司がないと年が明けないと言う人もいるほどに愛されている料理だ。

All photographs & texts ©TOI/JWM unless otherwise stated. Copyright © Japan web magazine 2012 Japan web magazine.com   All Rights Reserved.