鶴岡八幡宮 ~鎌倉案内~

鶴岡八幡宮

皆様はじめまして。

あっし、この度鎌倉の案内役を仰せつかりやした、鶴岡八幡宮の狛犬をやらさせていただいてやす
「コマ」というもんです。
以後よろしくお見知りおきの程を。

鎌倉

相方と一緒に、雨の日も風の日も八幡様の階段の下で皆様をお迎えしておりやす。ここ、鶴岡八幡宮は沢山の方々がいらっしゃいやす。日本人、外国人、大人、子供、修学旅行生、カップル、赤ちゃん、お年寄り・・・。中でも初詣の時は大変。数え切れぬほど大勢の参詣客がいらっしゃいます。なんでも、その数150万人以上とか。まさに目の回る忙しさです。

とはいえ、普段はのんびりしたもんです。季節の移り変わりを感じながら、人の流れ、時代の流れを眺めています。

あっしの後ろには立派な大銀杏の「ぎんこ」さんがおひかえなすってて、今、最高にまっ黄色になってらっしゃいます。

キレイなもんですねぇ。

なんでも公暁がこの後ろに隠れていたとかいないとか。今ではリスたちの隠れ家になっているようですが。

鶴岡八幡宮

ところで。

八幡様の入り口には「八幡宮」という立派な看板が
掲げられているのですが、

鶴岡八幡宮

この文字、一風変わっているんです。

ハチの文字がハトさんたちなんですねぇ。

どういうことかって?

ちょいと寄ってみましょう。

鶴岡八幡宮

こんな感じ。ね、面白いでしょう。

なんでも、鳩は武神である八幡神のお使いとして崇められ、鎌倉時代には武将たちは勝利を呼び込む鳥として家紋に鳩をかたどったりもしたのだとか。ここ鶴岡八幡宮も鳩宮として親しまれていたそうなんです。

というわけで、今回はこの辺で。次回は少し場所を戻して、二の鳥居から、より詳しく鶴岡八幡宮をご案内致しやす。

鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮

鎌倉案内人近影

名前:コマ

鎌倉鶴岡八幡宮大銀杏前在住。長年にわたり鶴岡八幡宮を見てきた番人。もとい、番犬

1 | 2 | 3 | 4 | 5

Japan web magazine’s recommend


View 鎌倉 Kamakura in a larger map | 大きな地図で見る

鎌倉

+-で地図を拡大縮小

Share