五島うどん

五島うどん

古の渡海人に想いを馳せる

長崎には全国にその名を轟かす有名な麺食が三つある。一つが長崎ちゃんぽん、もう一つが島原の手延べそうめん、そしてこの五島うどんだ。大陸に旅立つ遣唐使船の最終寄港地であった五島。この五島うどんは、その遣唐使とともに伝えられたとも言われている。また元寇のときに捕虜になった大陸人が伝えたとも言われていて、諸説紛々ありながら、大陸と日本を結ぶ中継地であった五島を経由して、日本全国へ麺作り、うどん作りが伝わった考えるのもまた歴史の一つのロマンであろう。日本の麺の発祥の地とも言えるこの五島のうどんは、讃岐うどん稲庭うどんと共に日本三大うどん(水沢うどんを含める諸説あり)の一つにも数えられている麺通絶賛のうどんである。以前は島外流出量もそう多くはなく、「幻のうどん」とも呼ばれていた。

五島うどん五島うどん

五島うどんの美味しさの秘密は、何よりもまず綺麗な海から採れる塩。そして豊かな自然にはぐくまれた水。また手伸べをする時のひき油として、五島で採れる椿油を使う為、独特の風味をもつ。その製法はそうめんとも似ていて、日本の麺文化を考える上でも五島が大変重要な地であることは間違いない。五島の手延べうどんは丸みがかっていて、大変コシがあり、細身。つるつるっとしたのどごしが身上だ。大釜で茹で上げた麺を各自でとり、醤油や、あごで取ったダシのつゆ、また生卵に絡めて食べる豪快な食べ方は別名地獄炊きともいわれている。

Japan web magazine’s recommend

地獄炊きうどんが人気

素材を活かし、丁寧に仕込んだ料理が手頃な料金で楽しめる。

喫茶コーナーで食べることの出来るうどんが美味。

中通島にある五島手延べうどんの老舗ますだ手延製麺の直営店

中通島にある五島手延べうどんの製造工程などを見ることが出来る観光スポット

Share