花が好きな人に悪い人は居ないという。可憐であったり、派手であったり、大きかったり小さかったり、色も形も実に様々な種類の花があるが、どれも皆、現在(いま)を謳歌するように、懸命に咲いているように見える。そして、どれ程美しい花もやがて散ってしまう。そんな健気で潔く見える姿と、多彩な美しさ、そして散りゆく儚さが人々の心を捉えるのだろうか。

もし、花がなかったら、この世はどれほど味気ないことだろう。花がそこにあるだけで、景色はより美しく、心はより豊かになる。日本の山野、道沿い、海岸等で見かける花々。日本固有の花もあれば、秋桜のように明治以後に日本に入ってきて一般的となった花もある。あなたはどんな花がお好みだろうか。

JWMセレクション~日本に咲く花々~

ミヤマシャジン

シラタマノキ

ヒツジグサ(睡蓮)

ヒメオドリコソウ

オオイヌノフグリ

カタクリ

   

ミズバショウ

ユキノシタ

レンゲソウ

オダマキ

ハマヒルガオ

ハマニガナ

マツヨイグサ

コシジシモツケソウ

ムラサキカタバミ

ヤマユリ

シラヒゲソウ

ハゴロモルコウソウ

アカツメクサ

ハマオモト(ハマユウ)

グンバイヒルガオ

ヘクソカズラ(ヤイトバナ)

エゾリンドウ

フジバカマ

ノアザミ

オオバセンキュウ

菜の花

タンポポ

シロバナタンポポ

テリハノイバラ

ニワゼキショウ

ハイビスカス

ネジバナ

ナデシコ

コウリンタンポポ

ヨメナ

フヨウ

エゾエンゴサク

イワトユリ

ゲンノショウコ

サルスベリ

Share