常堅寺

遠野

「カッパ狛犬」の寺として知られる常堅寺は1490年(延徳2年)大聞秀宗禅師により開山された寺。ご本尊は釈迦如来で、遠野郷の曹洞宗十二ヶ寺の筆頭。隣接するカッパ淵に住んでいたカッパが、常堅寺の火事を消して狛犬になったと伝わっている。山門にある慈覚大師の作と伝わる白木の仁王像二体は、早池峰山妙泉寺にあったものを妙泉寺が廃寺になった際に移したもの。

遠野
遠野
遠野遠野遠野
遠野遠野

頭のてっぺんが窪んだかっぱ狛犬(右)

Japan web magazine’s recommend

Share