南部煎餅

南部煎餅

戦国時代から受け継がれてきた煎餅

岩手県及び青森県の南部八戸地域のかつて八戸南部氏が治めていた地域名産の煎餅。戦国時代には兵が携行し、食していたともいう。パリッとした堅さと「みみ」と呼ばれる薄いフチがあるのが特徴だ。ゴマやピーナッツ、クルミが入ったもののほか、イカ、カボチャ、リンゴ、ココアなどのバリエーションも。そのまま食べたり、間に水飴を挟んで食べたりする。地域によっては赤飯を挟んだりもする。

南部煎餅とアイス

道の駅「さんのへ」、道の駅「つるた」、青森県観光物産館アスパムなどでは、南部煎餅にアイスを挟んだ「せんべいアイス」も売っている。

Share