けいらん

けいらん

卵の形

けいらんは岩手県の主に北部や東部で食べられている郷土菓子・郷土料理。餡を包んだ餅が汁の中に入ったものと、汁に入っていないものとがある。見た目が鶏卵に似ているので「けいらん」と呼ばれるようになったとか。岩手県以外でも、青森の下北地方、県南地方、秋田県の北部の一部地域でも見られ、場所によっては「柳に蹴鞠」「鶴の巣ごもり」などとも呼ばれている。茹でたそうめんが入ったり、千切りにした干椎茸、干瓢が入ったりするなど、地域によって、様々なバリエーションがあり、秋の収穫祝い、結婚式、法事、夜食、来客向けの料理など、供される場面も様々な、それぞれの土地の地域性が色濃く残る歴史ある郷土の一品だ。

Share