偕楽園

偕楽園

梅香る水戸の景勝地

岡山の後楽園、金沢の兼六園と共に日本三名園の一つに数えられるのが、茨城県水戸市にある偕楽園だ。1841年(天保12年)7月に水戸藩第9代藩主・徳川斉昭によって造園が開始され、翌1842年に開園した。面積およそ13ヘクタールの広大な敷地に100種3000本の梅が植えられており、梅見の名所として知られる。毎年2月下旬から3月下旬に開催される「水戸の梅まつり」には、全国各地から沢山の観光客が訪れ賑わいを見せる。その他、5月には「つつじまつり」、9月には「水戸の萩まつり」が開催される。

偕楽園の魅力をフルスクリーンで見る

偕楽園
偕楽園
偕楽園
偕楽園
偕楽園
偕楽園
偕楽園

偕楽園

   
    

偕楽園偕楽園
偕楽園
偕楽園偕楽園
偕楽園偕楽園偕楽園
偕楽園
偕楽園
偕楽園
偕楽園偕楽園偕楽園偕楽園
偕楽園

偕楽園
偕楽園偕楽園

偕楽園
偕楽園
偕楽園
偕楽園
偕楽園

Japan web magazine’s recommend

偕楽園(かいらくえん)

+-で地図を拡大縮小

Share