吹割の滝

吹割の滝 日本の滝

東洋のナイアガラ

絹のような滑らかさと光沢を持ちながら、ここまでやってきた水は、川床に出来た複雑な形状をした割れ目へと吸い込まれてゆく。大地の力強さ、圧倒的な重厚感は、時にただ息を飲むばかりの迫力をもって迫り来るが、その大地を削り、えぐり、侵食していく水もまた、時にひたすら絶対的な力でもって迫り来るのだ。

吹割の滝

関越自動車道を沼田ICでおり「日本ロマンチック街道」と名づけられた国道120号線を東に暫らく走ると東洋のナイアガラと呼ばれる滝がある。「吹割の滝」だ。渓谷をまるで割くように流れゆく水は川床をえぐるように削り、ほとばしるしぶきが吹きあげるように見えることからこの名がついたという。

その規模こそ本家ナイアガラに遠く及ばないとしても、広い川床を滑るように流れてきた水が光を浴びて煌めきながら落ちてゆく様をすぐ目の前で見ることが出来るのは魅力だ。液体である水が、まるで生き物のように時に連なりながら時にばらばらになりながら、次から次へとやって来る。

吹割の滝の魅力をフルスクリーンで見る

吹割の滝

上から見た吹割の滝

吹割の滝吹割の滝吹割の滝
吹割の滝

    

昭和11年に渓流と併せて、「吹割渓ならびに吹割瀑」として国の天然記念物に指定された「吹割の滝」。滝幅は30数メートル、高さ7メートル。渓流沿いと対岸の山に遊歩道も整備されていて、ぐるりと滝を一周できる。

  

吹割の滝
吹割の滝

滝へと続く遊歩道の入り口周辺には土産物屋が並び、地元産のキノコや野菜、山菜などが訪れるものの目を惹きつける。

吹割の滝
吹割の滝吹割の滝吹割の滝
吹割の滝吹割の滝
吹割の滝
吹割の滝吹割の滝

十割そば 水石

吹割の滝

滝の入り口手前を右に少し入った場所にある店「水石」では滝の音を聞きながら美味しい蕎麦を食べることが出来る。

吹割の滝
吹割の滝
吹割の滝
吹割の滝
吹割の滝吹割の滝

 

Japan web magazine’s recommend

吹割の滝
吹割の滝

浮島観音堂

名工甚五郎作の浮島如意輪勧世音が安置されている。

吹割の滝
吹割の滝

吹割の滝

吹割の滝
吹割の滝
吹割の滝

水の流れにより、岩が浸食され、吹割の滝は徐々に後退している。場所によっては年間およそ10センチ近くも後退しているという。

吹割の滝

特に柵などもなく、水の流れていく所まで、近づく事が出来る。迫力と危険は隣り合わせ。くれぐれも足を滑らせないように注意。

吹割の滝

  

吹割の滝
吹割の滝
吹割の滝

冬の吹割の滝

Japan web magazine’s recommend

吹割の滝

+-で地図を拡大縮小

Share