和田家

和田家

現在も住居として使われているが、一般公開もしている合掌造りの家屋。和田家はかつて庄屋として村を治め、養蚕も行っていた。塩硝の取引で繁栄したという。江戸時代末期の建築といわれ、最盛期には20人以上も人が住んでいた。

間口14間、奥行き7間の建坪は、現存する合掌造りの家屋としては最も規模が大きいもの。周辺環境の保存状態も良く、白川郷の代表的な合掌家屋として知られている。

梁や柱などが縄で縛られてある様子や急な階段、囲炉裏の煙で艶やかに燻された材木など、家の内部構造が見られるほか、養蚕をしていた屋根裏部屋などに様々な道具も残り、往時の生活を垣間見ることが出来る。国の重要文化財。

和田家
和田家
和田家
和田家
和田家
和田家
和田家
和田家
和田家
和田家
和田家
和田家・白川郷
和田家・白川郷
和田家・白川郷
和田家・白川郷
和田家・白川郷
和田家・白川郷
岐阜・白川郷

Japan web magazine’s recommend

Share