鶏ちゃん

鶏ちゃん

秘伝のタレ

岐阜の郷土料理、B級グルメとして県内外に知られる「鶏ちゃん」(けいちゃん)は、鳥肉(モツが入ることも)と、キャベツや玉ねぎ、人参、もやしなどの野菜、キノコ類などを味噌ベースのタレで炒めたもの。飛騨地方南部の下呂市や高山市、中津川市北部、奥美濃地方の郡上市などで、昭和30年代頃から食べられてきた家庭料理だ。

今やどこでも手軽に手に入る卵も、かつては高級品だった。ある程度の年配以上の人たちに話を聞けば、生産農家やお金持ちでもない限り、風邪でも引かなければ、めったに口にすることもない貴重なものであったという。卵を産まなくなった鶏は「廃鶏」と呼ばれ、つぶされて食肉となった。モモや胸だけではなく、ハツやレバーを含めた内臓も大切に食べたという。鶏肉とモツを炒め、野菜を入れ、各家庭の味噌や醤油、砂糖などを入れて作った秘伝のタレで味付けをする。それがけいちゃんの始まりだ。卵や鶏が貴重だった時代には、お正月やお盆などのハレの日に作られ食べられた特別なものだった。

そんな鶏ちゃん(けいちゃん)も、現在は、県内各地の居酒屋などでもよく見かける岐阜の名物として内外に知られており、ビールにあうつまみとして、ご飯のおかずとして、広く愛されている。スーパー等で、下味がつけられた製品も購入可能だ。赤味噌ベースの濃いめ甘めの味付け、肉の旨みと野菜や味噌の甘味が合わさって、食欲増進、ご飯のおかわりが欲しくなる味なのだ。

Share