そぼろ納豆

そぼろ納豆

茨城の郷土食「そぼろ納豆」(おぼろ納豆・しょぼろ納豆)は、納豆に刻んだ切干大根を混ぜ、醤油等で味付けをしたもの。納豆に切干大根のポリポリっとした歯ごたえが加わり、通常の納豆とはまた一味違った美味しさを生み出す。納豆独特の臭みや粘りがあまりなく、納豆はダメでもこのそぼろ納豆なら大丈夫だという人がいるのも頷ける。まさに納豆王国茨城ならではのお惣菜だ。昔は各家庭で作られ、それぞれの味付け、こだわりのレシピがあったという。

そぼろ納豆の食べ方

普通の納豆同様、温かいご飯の上にのせて美味しくいただけるのは勿論、しっかりした味が酒のツマミとしてもよくあう。また、ご飯の上にのせてからお茶を注いでお茶漬けにして食べるのもいい。

そぼろ納豆そぼろ納豆

通常の納豆と違い、糸をあまり引かないポロポロっとした感じが特徴のそぼろ納豆。

そぼろ納豆は、茨城県内及び近郊のスーパーや道の駅などで購入可能だ。市販のものは味が付いているので醤油等はかけずにそのまま頂ける。やや濃いめの味付けのものが多い。

Share