「君がいないと困る」~味付ぽん酢柚子~

八木澤商店

八木澤商店 君がいないと困る 味付ぽん酢柚子

豊かな柚子の香り

ふたを開けると瞬時に立ち上ってくるのは、豊かで新鮮な柚子の香り。大げさではなく狭い部屋なら程無くして部屋中に柚子の香りが立ち込めるほどに芳醇な香りだ。ふわりと鼻腔に侵入した香りは口元をきゅっとさせ、思わずごくりと涎が出てしまう柑橘系ならではの芳しさ。それは食欲の神経をくすぐりながら、脳を期待で満たしていく。

「君がいないと困る」。それが香りの発生の源。初めて聞くといささか斬新な名前だが、れっきとしたぽん酢の商品名だ。ぽん酢の名としては、はじめは違和感があるかもしれないが、しかし、一度香りを嗅ぎ、味わえば、このネーミングが実にしっくりと来る事がわかる。個人的には「JWMが選ぶネーミング賞」なんぞがもしあれば、一存で大賞を贈りたいぐらいだ。

八木澤商店 君がいないと困る 味付ぽん酢柚子

株式会社 八木澤商店

「君がいないと困る」は2011年(平成23年)で創業204年を迎えた株式会社八木澤商店の商品。1807年(文化4年)に八木澤酒造として創業して以来、美しい町並みと長閑な田園風景、そして白い砂浜のあった岩手県陸前高田の地において長年醸造業を営んできた老舗だ。じっくり丁寧に製造してきた製品は地元の人々を初めとする多くの人たちに愛されてきた。

八木澤商店のポリシーは、「とにかく美味しいものを、まっとうなものを」。これは個人的な意見だが、消費者にとっては嬉しくも、本来なら全てそうあってほしいと思えるこの理念をきちんと持っている企業や店、製造元がどれだけあるだろう。合理化や簡略化、利益利潤のみを求め、いつのまにか消費者への想いがどこかへ行ってしまったのではないかと思えるような会社もある中、八木澤商店はしっかりとこの理念を掲げ、実現している。それは、商品の味や、余計なものを使わない原材料からも明らかだ。平成15年、平成19年、平成21年の全国醤油品評会において農林水産大臣賞を受賞していることからもその質の高さが伺えるだろう。さらに、もし興味のある方は、八木澤商店の八代目が記す文章「八代目、物思いにふける」に目を通してみてほしい。トップがこんな熱い想いをもって作っている会社の商品、是非味わってみたい、と思うのは私だけではないはずだ。

八木澤商店

在りし日の八木澤商店の店構え。(写真:八木澤商店提供)

2011年3月11日に発生した東日本大震災により、陸前高田市は壊滅的被害を受け、八木澤商店も蔵、製造工場が全壊、流失、大きな被害を被ってしまったが、現在は、岩手県内陸部に営業拠点を移し、岩手、秋田、宮城、新潟の醸造蔵に製造を部分的に委託しながら、商品を販売、自社製造の商品も増えてきている。

八木澤商店 君がいないと困る 味付ぽん酢柚子

天然果汁をたっぷりと使用している事が見ただけでわかるような美しい琥珀色をしている。点々と見える浮遊物は果汁成分だ。ふたを開けたときに立ち上る豊かで爽やかな香りは製造工程中に熱を加えていないから。使用しているお酢も、ムレ臭のないフルーティな香りに近いもの。馥郁たる醤油の香り、清々しい柚子果汁の香りと柔らかく絶妙に合わさって、とげとげしさやきつさのない、あくまでもまろやかで深みのある味となっている。主な原材料は、醤油(本醸造)、柚子果汁、米酢、本みりん、砂糖、かつお節エキス、こんぶエキス、食塩。どれも国産のものを使用している。

八木澤商店 君がいないと困る 味付ぽん酢柚子

上品な香りと切れのある味は、鍋やしゃぶしゃぶのみならず、焼き魚や肉にかけてもとてもあう。魚や肉の脂の旨みを引き立て、さっぱりとした極上な味となる。たらちり、寄せ鍋から、まぐろの刺身やアジのたたき、焼き魚、冷しゃぶ、ステーキ、バター焼き、と八面六臂の活躍が期待できる。まさに「君がいないと困る」存在だ。

八木澤商店ウェブサイト
八木澤商店のFacebookページ

Japan web magazine’s recommend

Share