撫養城

撫養城

三層の模擬天守

撫養城は、別名、岡崎城、林崎城とも呼ばれる徳島県鳴門市撫養町林崎にある城。標高60メートルほどの妙見山に建てられた平山城だ。築城年は不明で、古くは南北朝時代に後醍醐天皇側についた武将の一族・小笠原氏の城といわれるが詳しくはわかっていない。その後、小笠原氏の末裔で、室町時代に阿波守護代を務めた三好氏の家臣・四宮氏が城主となった。

1582年(天正10年)に、長宗我部元親が阿波に攻め入った際には、長宗我部元親の家臣・真下飛騨守が入城している。1585年(天正13年)には、蜂須賀家政が秀吉の四国征伐の後に阿波国を与えられ、徳島城を築城、阿波九城として徳島城の支城を9城置き、撫養城を家臣の益田正忠に守らせた。

1638年(寛永15年)、一国一城令により阿波九城は破却され、撫養城も廃城となった。本来の撫養城には天守は無かったが、現在、三層の模擬天守が立ち、鳴門の町と海を見下ろしている。遺構のある妙見山は、「妙見山公園」として整備され、地元の人々の憩いの場として、また地元の運動部系学生達のトレーニングの場として親しまれている。「岡崎城跡」として市指定史跡に指定。

撫養城
撫養城
撫養城
撫養城
撫養城
撫養城
撫養城

  
   

Japan web magazine’s recommend

撫養城

+-で地図を拡大縮小

Share