三杯みそ

三杯みそ

三杯みそ(小豆)

秋田の郷土菓子

餅米粉、うるち米粉、小豆を桝で一杯ずつ入れて作ることからその名がついたという三杯みそは、主に秋田県南地域で昔から作られ食べられてきた素朴な郷土菓子。餅のような見た目と食感なのにも関わらず、「みそ」とつくのは、材料を混ぜ合わせた様子が味噌のように見えるからとも、味付けに味噌を使ったからともいわれる。ごまやきな粉などが入ったバリエーションもあり。

三杯みそ

三杯みそ(きなこ・ごま)

ねっとりとした食感と素材本来の素朴な味わい。昔ながらの菓子がもつ、飽きのこない安心感のある味だ。お茶は必須。

Share