犬山城

18

愛知県犬山市にある犬山城は、1537年(天文6年)、織田信長の叔父にあたる織田信康により築かれた。姫路城や丸岡城などと共に、江戸時代以前に築かれ現在もその姿をとどめている「現存天守12城」の一つ。天守は現存するものとしては日本最古の様式で国宝にも指定されている。

02

03

04

05

06
付櫓(つけやぐら)

08
天守から見下ろす木曽川と犬山城下の町並み。

09

10

11

12

13

14

15

16
急こう配の階段
17

01

木造三層四階の城が木曽川のほとりにある小高い丘の上に建つ様子は、木曽川に架かる橋の上からもよく見える。

桜の名所としても知られ、春の時期になると桜と城の風景を楽しむため、近隣はもとより遠方からも沢山の人々が訪れる。

Japan web magazine’s recommend

Share