生國魂神社

http://japan-web-magazine.com/wp-admin/post.php?post=24648&action=edit#edit_timestamp
01

別名・難波大社(なにわのおおやしろ)とも呼ばれる生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)は、大阪府大阪市天王寺区に鎮座する神社。大阪でも最も古い神社といわれ、東征の際、神武天皇みずから石山碕に日本列島そのものの神である生島大神・足島大神を祀られ、国土の平安を祈請されたのが発祥といわれる古社。元々は、大阪城の天守閣の位置に鎮座していたいわれるが、1580年(天正8年)に石山合戦により焼失、現在の場所には1585年(天正13年)の、秀吉による大坂城築城の際に遷座されている。主祭神として、生島大神、足島大神ならびに、大物主大神を祀っており、地元の人々には、「いくたまさん」の愛称で呼ばれ、崇敬されている。

例年7月11日、12日には、「生玉夏祭(いくたまなつまつり)」が行われる。

02

03

05

06

07

08

Japan web magazine’s recommend

地図

Share