1000万ドルの夜景とともに楽しむイルミネーション 2015年1月12日(月・祝)まで 神戸

「1000万ドルの夜景とともに楽しむ 六甲ガーデンテラスのイルミネーション」

 眼前に広がる大パノラマ、明石海峡から大阪平野、関西国際空港にかけての1000万ドルの夜景を楽しめるスポット「六甲ガーデンテラス」で、今秋から英国風庭園「コッテージガーデン」などにイルミネーション装飾を約7,500球増やし、夜の演出をリニューアル。暗闇に幻想的に浮かび上がる木々やアート作品と、星をちりばめたような美しい夜景が楽しめる。異国情緒あふれる中で煌めくイルミネーションは、六甲山の夜のひとときをロマンティックに輝かせてくれることだろう。
 

rokko

 また、11月24日(月)まで開催している現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014」の作品も展示中で、特に2作品は夜にライトアップされ、昼とは違う趣きを楽しめる。作品展示会場となっている「自然体感展望台 六甲枝垂れ」も同展覧会の特別展示として、六甲山光のアート2014「 Lightscape in Rokko ~Autumn Version~」を開催、展望台全体を覆うヒノキのフレームをLED照明器具で照らし、六甲山の四季を巡る風をテーマにライティングで表現している。

 空気が澄む秋は夜景が特に美しい季節。エリア内の散策の後は、夜景を眼下にディナーやカフェを楽しめるレストランで、夜の六甲山をゆっくり堪能できる。大切な人と一緒にロマンティックな時間を過ごしに出かけてはいかがだろう。

rokko2

Japan web magazine’s recommend

Share