長崎・ハウステンボス 2年連続1位を受賞

main

全国4300人の夜景観賞士が選ぶ、全国イルミネーションランキング

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューローが開催する第2回イルミネーションアワードにおいて、全国4300人の夜景鑑賞士(夜景鑑賞士検定の有資格者)による「全国行ってみて良かった冬季イルミネーション」アンケート投票の結果、総合エンターテインメント部門においてハウステンボス(長崎県佐世保市)が、2年連続の1位に選出された。

ハウステンボスでは、この冬、昨年を超え、世界最大級となる1,100万球超のイルミネーションを使用した「光の王国」を10月31日(金)より、来年4月13日(月)まで開催。東京ドーム33個分という、日本最大の面積を誇るテーマパーク内の各所でイルミネーションが楽しめ、運河と噴水のショーや、日本最長となる700mを超えるイルミネーションパレードなども開催予定。

関連記事:http://japan-web-magazine.com/huistenbosch-hikari

Japan web magazine’s recommend

【イルミネーションアワード 総合エンターテインメント部門ランキング】

1位  ハウステンボス 「光の王国」 (長崎県佐世保市)
2位  東京 ドイツ村 ウィンターイルミネーション(千葉県袖ヶ浦市)
3位  大阪・光の饗宴 (大阪府大阪市)
4位  ユニバーサル・ワンダー・クリスマス (大阪府大阪市)
5位   ぐんまフラワーパーク(群馬県前橋市)

※夜景鑑賞士とは・・・
日本夜景遺産事務局が2008年11月から実施し、現在7回の検定試験により、4300名の夜景鑑賞士が誕生している。

Share