旧函館区公会堂

01

基坂を上りきった突き当り、元町公園を見下ろす場所に立つ、淡い青紫と黄色の外観が美しい瀟洒な建物。1907年(明治40年)8月に発生し、約1万2000戸を焼失した函館の大火で失われた集会所の代わりに、1910年(明治43年)に建築費58,000円余りをかけて建てられた。函館屈指の豪商であった相馬哲平が50,000円の寄付を申し出て完成したものという。

左右対称のコロニアルスタイルと欧風の淡い壁の色が印象的な建物で、二階にはベランダがあり、大理石の暖炉を備えた応接室や、音楽会や舞踏会が催された大広間など、明治の面影を館内外の随所に残している。

1911年(明治44年)には皇太子であった大正天皇が函館を訪れた際、宿舎として使用されており、貴賓室や御後架(便所)、御湯殿(浴室)などが、当時の雰囲気もそのままに残されている。

1974年(昭和49年)には本館が、1980年(昭和55年)には附属棟が、それぞれ国の重要文化財に指定されている。ハイカラ衣装館で昔のドレスを身にまとうことができ、館内で記念撮影できるのも楽しい。

02

03

04

06

07

09

11

12

13

15

17

19

Japan web magazine’s recommend

Share