「井上直久 絵画展 光の粒、髪のささやき」 2014年11月29日(土)〜12月9日(火)  東京

1
「多層海麗日2006」 ピエゾグラフ、キャンバス 470×700mm

イバラードの灯火、人と心のふれあう情景

 東京渋谷にある「Bunkamura Gallery」にて、2014年11月29日(土)から12月9日(火)までの期間、展覧会「-大判画集刊行記念-井上直久 絵画展 光の粒、髪のささやき」が開催される。

 Bunkamura Galleryでの個展は今展で5回目。「イバラード」の中で輝く陽差しや暖かい灯火のもとに、人と心のふれあう情景を描いた新作を中心に、絵画約40点、版画約20点が展示、販売される。

 「イバラード」は井上が名付けた「心の中にある風景」。彼は、「イバラードを意識した瞬間、目の前の風景、事象全てが美しい世界へと変貌する」と語る。

 その世界を舞台とした画集や絵本を刊行、スタジオジブリ製作アニメーション「耳をすませば」挿話「バロンのくれた物語」の背景美術を制作したことで注目を集めた。宮崎駿監督によるアニメーション「星をかった日」に原作提供し、その後は、国内での活躍はもちろん、ニューヨークやパリでも精力的に作品を発表している。

2
「巡回飛行士」ピエゾグラフ、キャンバス 395×384mm

 柔らかい光に包まれ、綿密に、繊細に描かれた画面は、観る者をイバラードの世界に招き入れる。空には数々の小惑星やラピュタが浮かび、美しい色の雲が現れる。多種多様な人が暮らし、市場には奇妙な品々があふれ、木や草花が町をおおう。街角に立つと、いつも驚きと懐かしさがいりまじり、曲がり角のひとつひとつが探索を誘うよう。

3
「雪に輝く店」ピエゾグラフ、紙 230×320mm

 原画と推敲を重ねた文章で構成された大判画集も、会期に併せて新たに刊行予定。画集刊行に寄せた想いを語るトークショーや、ライブペインティングなどのイベントも開催。作家は会期中、連日在廊予定なので、作家とのコミュニケーションを楽しみながら、優しく温かな「イバラード」の世界を、会場空間全体で堪能してみてはいかがだろう。

4
「借景庭園」ピエゾグラフ、紙 420×380mm
5
「星を集めた日」ピエゾグラフ、紙 313×405mm

Japan web magazine’s recommend

Share