橋杭岩

13

橋杭岩(はしくいいわ・はしぐいいわ)は、和歌山県東牟婁郡串本町にある大小40もの奇岩群の連なり。国の名勝、天然記念物にも指定されている景勝地で、岩が「橋の杭」のように直線に連なっている様子から「橋杭」の名がついたという。

海岸から対岸の紀伊大島にむかって850メートルに渡って連なる奇岩は、海岸が波風に浸食された際に柔らかい堆積岩が削られ、固い火成岩の部分が残って出来上がったものといわれる。かつて、弘法大師と天邪鬼が橋を一晩でかける、という賭をして、弘法大師に負けそうになった天邪鬼が鶏の鳴き声を真似して、夜が明けたと思った弘法大師が立ち去った為、橋の杭の部分のみが残った、という伝説がある。

01

満月の夜の橋杭岩満月の夜の橋杭岩

夜明けの橋杭岩夜明けの橋杭岩

04
橋杭岩越しに見る朝日は特に美しいことで知られ、「日本の朝日百選」にも選ばれている。

05

06

07

08

09

11

12

14

Japan web magazine’s recommend

Share