萩焼

萩市一帯で作られる焼き物「萩焼」は、「一楽二萩三唐津」といわれるほど、古くから茶人に重宝されてきた焼き物。

1604年(慶長9年)、藩主・毛利輝元が、朝鮮人陶工、李勺光(山村家・坂倉家)と李敬(坂家)の兄弟に命じて、城下で焼かせるようになったのがその始まりとされている。

原料の土と、釉薬の具合によって生じるひび割れたような「貫入」と、時間と共に使い込むことによって生じる色味の変化「七化け」が特徴。

関連リンク

Share