軍艦島

軍艦島

長崎県長崎市の長崎港19キロメートルの沖合に浮かぶ軍艦島は、正式名称を「端島」という面積約0.063平方キロメートル、周囲約1.2キロメートルの島。沖合から見る島の形が軍艦のようにもみえるというので、「軍艦島」とよばれるようになった島だ。

江戸時代後期に石炭が発見された後、明治に入ってから採掘が開始され、軍艦島は日本の産業発展の上で大きな役割を果たすようになる。大正から昭和にかけては石炭の増産に伴い、日本で初めての鉄筋コンクリートの住宅(1916年(大正5年))などが次々に建設されるなど島は大いに繁栄し、最盛期の1960年(昭和35年)頃には、島内の人口は5267人を記録、世界でも最高の人口密度であったという。

島内には、小学校や映画館、プール、パチンコ店などの娯楽施設もあったが、エネルギー源の主役が石炭から石油へ変わるにつれ、石炭の消費量が減り、1974年には炭鉱が閉山、翌年には無人島となり立ち入りも禁止された。

その後、一部の人たちの間で、日本の産業発展に欠かせない重要な役割を果たしたその歴史や、唯一無比の景観が話題となり、2000年頃には知る人ぞ知る存在ながらも、歴史好き、廃墟好きがチャーター船などで訪れるスポットへと変わっていった。さらには軍艦島を愛する人々の地道な努力もあり、ついには2009年に観光用ルートも整備され、再び公に上陸できるように。今や、その魅力や歴史にますます注目が集まっている存在の島なのだ。

軍艦島
沖合から見た軍艦島(端島)。(写真をクリック(タップ)で拡大。)

戦艦「土佐」に似ているとして「軍艦島」と呼ばれるようになったのは、大正時代頃からといわれる。

関連リンク

軍艦島上陸ツアー催行会社および軍艦島情報関連リンク

●やまさ海運(株)
Tel.095-822-5002
http://www.gunkan-jima.net/

●軍艦島クルーズ
Tel.095-895-8410
http://www.gunkanjima-cruise.jp/

●(株)シーマン商会
Tel.095-818-1105
http://www.gunkanjima-tour.jp/index.html

●軍艦島コンシェルジュ
Tel.095-895-9300
http://www.gunkanjima-concierge.com/

●軍艦島炭鉱閉山前の様子
http://gunkanjima.hayabusa-studio.com/

Japan web magazine’s recommend

Share