ホテルグランバッハ京都 「ミシュランガイド関西2015」にリスト入り

img_52859_1

京都府京都市下京区にあるホテルグランバッハ京都は、2014年10月23日(木)発行の世界的なグルメ&旅のガイドブック「ミシュランガイド関西2015」に選出された。

img_52859_2

 創刊6年目を迎える「ミシュランガイド関西」は、独自の調査に基づき、京都、大阪、神戸、奈良の4エリア別に、ホテルと旅館には快適性を基準として京都から23ホテル、大阪から22のホテルを選定している。「ホテルグランバッハ京都」は「快適」の意味を表す2つのパビリオンマークを獲得した。

 京都エリアで選ばれた23ホテルの内、今年度初めて選ばれた7ホテル中で最も開業から日が浅いホテルとしてリスト入りした「ホテルグランバッハ京都」の大城支配人は、「開業半年で世界的なガイドブックに選ばれたことを光栄に思います。これを励みに京都ならではのおもてなしで国内外からのお客様をお迎えします。」と話す。

 「ホテルグランバッハ京都」は、京都市下京区に2014年4月14日に宿泊主体型ホテルとして開業。地下鉄四条駅から徒歩5分と交通至便な立地に、コンシェルジュの常勤、管理栄養士の監修による朝食の提供、一口茶漬けの提供(夜食)など、きめ細やかなもてなしで評価を得ている。

Japan web magazine’s recommend

Share