普門寺

普門寺

岩手県陸前高田市の山の中腹、標高90メートルほどの場所に位置する普門寺は、創建1241年(仁治2年)と伝わるこの地域随一の名刹。栄西の弟子である記外和尚が創建したと伝えられている。

巨大な杉並木が立ち並ぶ参道の先に、1877年(明治10年)に建立された本堂、仁王堂、1809年(文化6年)に建立された高さ12.5メートルの三重塔、大仏などが点在する。樹齢300年以上といわれる百日紅で知られるほか、つつじや枝ぶりのよい松が配された庭園も見所。

01

03

04

05

06

07

09

11

12

13

15

16

17

18

19

21

23

Japan web magazine’s recommend

曹洞宗の寺院。ご本尊として聖観音菩薩を祀っている。奥州三十三観音霊場第29番札所。

Share