越中白鳥城跡

越中白鳥城跡

白鳥城は富山市を見下ろす呉羽丘陵の城山にあった城。城名は山の東側の麓にある白鳥神社に由来する。正確な築城年は不詳だが、源義仲の家臣今井四郎兼平が1183年(寿永2年)に陣を張ったとする記録が残る。その後、16世紀の中頃になって越中守護代神保長職が上杉謙信の越中攻めに備えて本格的に築城。神保氏の降伏によって上杉方の手に移った後、佐々成政、豊臣秀吉、前田利家などの支配下に入っている。

02

Japan web magazine’s recommend

地図

Share