大光院

大光院

群馬県南東部の太田市にある大光院は、徳川家の始祖といわれる源義家八幡太郎の孫・新田義重を祀っている浄土宗の寺院で、太田市のシンボル的な存在の寺院。浄土宗関東十八檀林の一つにも数えられている。正式名称は「義重山大光院新田寺」。

1613年(慶長18年)、徳川家康が義重を祀るため、芝・増上寺で修行をし大善寺の住職をしていた呑龍を招いて創建した。

呑龍は、当時頻繁に起きていた捨て子や間引きに心を痛め、弟子として受け入れ育てたため、子育て呑龍と呼ばれて慕われたといい、そのため大光院も「呑龍様」「子育て呑龍」という別称で呼ばれる。

境内には、1615年(元和元年)に建立された吉祥門を始め、大方丈、小方丈、庫裡、本堂内陣など、古い建物が今も点在している。

02

03

04

05

07

08

09

10

11

12

13

14

Japan web magazine’s recommend

Share