知念城跡

知念城跡

沖縄本島の南東、斎場御嶽にほど近い場所にある知念城跡は、かつて知念一帯を治めていた知念按司の居城であった城。正確な築城年はわかっていないが、城は東側にある古城(コーグスク)と呼ばれる自然石を用いた野面積みの郭と、西側の二つの門と石垣に囲まれた新城(ミーグスク)と呼ばれる切石積みの、それぞれ築城年代の異なる郭で構成されている。東側の古城はおよそ12世紀末~13世紀頃、天孫氏時代に築城されたといわれ、西側の新城は15世紀後半頃、尚真王代の時代に内間大親(うちまうふや)により築城されたといわれているもの。

城内には、1761年から1903年まで、知念番所が置かれていた。また、城跡内には、火の神が祀られている祠や友利御嶽(とむいのたけ)と呼ばれる御嶽、拝所があり、琉球王朝時代から現在に至るまで「東御廻(アガリウマーイ)」の巡礼地として、地元の人はもとより県内から参拝客が多く訪れる場所でもある。

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

14

Japan web magazine’s recommend

地図

Share